iPhoneが水没したらすぐに電源を落とせ!

iPhoneが水没した場合まず初めにどのような対処を行えば良いのか? - iPhoneが水没したらすぐに電源を落とせ!

iPhoneが水没したらすぐに電源を落とせ!

iPhoneのトラブルで意外なほど多いのが水没による被害です。もちろん本当に風呂などへ落としてしまった事例もありますが、雨に濡れた、ジュースをこぼした、汗がしみた、こんな時も、まずは電源を落とすべきなのでしょうか。

スマホの防水機能はどれくらい

一般論として、スマホの防水機能はまったく期待できないのでしょうか。ニーズがあることから、一部では防水を謳う機種もあるようですが。
技術的な問題で言うと、スマホを完全防水するには、外部と内部を遮断する必要があります。もちろんできなくはないでしょうが、そうするとスマホの機能が制限されます。つまり水が浸入する穴、インターフェイス類をすべて塞ぐことになるからです。
イヤホンジャックやスピーカーなどをなくせば、完全防水は可能です。しかしそれをスマホと呼べるのでしょうか。便利の裏には必ずデメリットがあります。私たちがどこまで許容できるかです。そもそも注意して扱えば、水没することもありません。

iPhone6sなら大丈夫かも

iPhone水没の被害が多いのであれば、メーカーであるアップル社は何らかの対策を企ててくれないのでしょうか。つまり防水機能の充実です。
基本的にメーカーは、防水機能を公表したくありません。自らの製品に対するハードルを上げると、必ずクレームの対象になるからです。とはいえ他社品との差別化を図るため、見えない部分での努力があります。
公になってはいないですが、iPhone6sの場合には、かなりの防水機能が期待できるみたいです。メイン回路をシリコン樹脂でカバーしているので、瞬間的な水没であれば、ほとんど問題はないと考えられています。

水没すると何が問題なのか

そもそも論になりますが、iPhoneを水没させると、何が問題なのでしょうか。まずは落とす衝撃もあります。一方で水が電気の通り道を作りショートを起こす、部品に急激な高電圧がかかり壊れてしまう。そうした原理です。
ただし真水の場合には、ほぼ電気を通しません。だからこそメーカーは、真水では防水可能!そう主張するのです。ちょっと騙された感はありますね。
とはいえ水で感電する!そうしたニュースを聞きますが、この理屈は何でしょうか。つまり人の皮膚には微量ではありますが汗が流れています。その中にある塩分が、電気を通す源になるのです。
この原則に従えば、海水やジュース、入浴剤など不純物を含む水溶液は、ショートする危険が大です。そこで水没させたら、すぐに電源を落としましょう。

水没させたらどうすべきか

htrsthrs
実際問題として、iPhone水没後、どうすべきなのでしょうか。まずは電源を落としましょう。衝撃で電源が切れた場合には、どんな誘惑に駆られても、濡れた状態で電源を入れてはいけません。現実は理論を凌駕することもあるからです。
表面的な水分を吸い取り、数日乾燥させるべきでしょう。もちろんすぐ修理店へ持ち込むのがベストな対応です。特に海水へ水没させたなら、基盤が腐食していきます。これは時間との戦いです。一分一秒の遅れが、致命傷になります。

防水グッズは使えるのか

水没を恐れてビクビクすると、余計に手が滑ってしまいます。ならば積極的な策を考えましょう。つまり巷で売られている防水グッズを試してみることです。
今なら完全防水を謳うスマホケースがあります。水に浮くタイプであれば、アウトドアにも利用できますね。お風呂でも使えるので重宝します。
ただしお風呂でスマホを扱う場合には、温度や湿度にも注意しましょう。お湯に水没すると、熱が原因で故障する可能性があります。
街中の修理店では、防水加工してくれるサービスもあります。とはいえ生活防水が基本です。無理はしない方が賢明です。

どうするか

iPhone水没時に安全策をとるのであれば、理屈を言わず、すぐに電源を落とすべきでしょう。そして素人判断することなく、修理店へ駆け込むのがベストな対処法です。
■iPhoneが水没してしまったらモバプロにお任せ!
iPhoneの水没修理しています│モバプロ

新着情報

◆2016/05/08
iPhoneが水没したらすぐに電源を落とせ!の情報を更新しました。
◆2016/05/02
当サイト運営者情報を新規投稿しました。
◆2016/05/02
iPhoneの防水グッズは役立つのかの情報を更新しました。
◆2016/05/02
iPhoneの防水機能はどれくらいあるのかの情報を更新しました。
◆2016/05/02
iPhone水没の後、ベストな対処法は何かの情報を更新しました。